慟哭の館

ログ:2015年02月

写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真

ついに!

Equilibriumの来日公演が決定!!!

東京は4月25、26日の2日間で会場は初台 「The Doors」です。
名古屋が23日、大阪が22日です。

必ず行くぞーーー!!!

スポンサーサイト
写真

美声復活!



Solution.45 / For Aeons Past

スウェーデンのバンドです。

同じスウェーデンのバンドで超クサメロと実に素晴らしい美声で一躍人気になったScar Symmetryの元ボーカル、クリスチャン・アルヴェスタムが新たに結成したバンドです。

サウンドはと言うとハッキリ言ってScar Symmetryまんま(笑)
相変わらず高音デスボイス、低音デスボイス、クリーンボイスの3つを見事に使い分けています。

この声の使い分けと、その声の美しさはこの手のバンドの中ではトップだと思います。

メロディーセンスも素晴らしく、大変聴きやすいです。

めちゃくちゃカッコイイ!

慟哭度 / 8

クサメロ度 / 10

泣きの一曲 / Bladed Vaults


YouTube

写真

えっ?二人組?



Euphoreon / Euphoreon

ドイツとニュージーランドの2人組バンドです。

これだけ分厚いサウンドでも2人組です。
日本で言えばB'〇みたいなものかな。

いや~でもクサい!
クサさで言えばチルボドに近いかな。
いいメロディーセンスしてるし、そのメロディーを活かしたアレンジ力も素晴らしい!
自然と体が動くリズムと共にクサメロで疾走するサウンドは必聴です!

慟哭度 / 8

クサメロ度 / 9

泣きの一曲 / From The Netherworld


YouTube

写真

アメリカ版Insomnium



Mourning Wolf / Elmhaven

アメリカのバンドです。

おそらくまだEPしか出てないと思います。
7分と11分の2曲入り。

自らInsomniumやSentencedの影響を豪語しているだけあってギターのハモリや単音リフなどまんまですが、アメリカのバンドでこれほどまで北欧の壮麗さや物悲しさを表現出来るのは特筆すべきですね。

しかも、曲が長いのに展開が物語のように進むので聴いていて全く飽きません。

2曲聴いただけでも素晴らしい美メロセンスがあるので早くフルアルバムが聴きたい。

慟哭度 / 10

クサメロ度 / 9

泣きの一曲 / Elmhaven Ⅰ


YouTube

写真

これってメロデス?



Raintime / Flies & Lies

イタリアのバンドです。

一応、ジャンルはメロデスということになってますがどう聴いても普通のクサメタルにしか聞こえません(笑)

まあ多少はデス声も入っているにはいますが。

でもメロディーセンスは非常に高いです。
一緒に合唱出来るぐらい。
こういったメロディーって本当にワクワクしますね。
イントロからガッツポーズ!
さあ、みんなで歌いましょう(笑)

慟哭度 / 7

クサメロ度 / 10

泣きの一曲 / Tears Of Sorrow


YouTube

写真

期待の新作



Frosttide / Blood Oath

フィンランドのバンドです。

サウンド的にはEquilibriumに非常に近いと思います。

3月に新譜が出るということでチェックしています。

早速、新曲がアップされていたので聴いてみましたが、前作「Awakening」の時よりキーボードが減り厚みが増しています。
リフも正統派メタルに近付いています。

しかしながら、あのEquilibriumのようなわざとらしいまでの壮大さは健在でいちいちクサいフレーズがバシバシ登場します。

サウンド面でも質が上がっているので各パートの分離がよく、迫力があります。

ここまで来るともうメロデスじゃないんじゃないかとさえ思います。

今回の新譜は期待大です!

とにかくカッコいい!

慟哭度 / 8

クサメロ度 / 9

泣きの一曲 / Fate Redefined


YouTube

写真

ビール片手に・・・

こちらも私が最も愛して止まないバンド、Equilibrium。



Equilibrium / Erdentempel

ドイツのバンドです。
音楽性としてはフォークメタルになると思いますが、本人達はエピックメタルと言っています。

いやー、とにかく明るい!壮大!シネマティック!

まるで映画音楽のような壮大なサウンドです。
その上メロディーがいちいちクサい!
暴れたくなるメロディー、踊りたくなるメロディー、物悲しいメロディーと様々なメロディーを駆使しています。

メロディーの素晴らしさはこの手のバンドとしては最高峰でしょう。

ライブは絶対楽しいんだろうな。
早く来日して欲しい!

InsomniumとEquilibriumの対バンライブなんて感動で死んじゃいますね(笑)
是非とも実現して欲しいです!
お願いします!クリマンさん!

慟哭度 / 8

クサメロ度 / 10

泣きの一曲 / Was Lange Wahrt


YouTube

写真

メロディーセンス爆発!



Orden Ogan / Ravenhead

ドイツのバンドです。

初めて聴いた時はRunning Wildを彷彿させました。

声質、メロディー、格好が完全にRunning Wildを意識しているようですが、Running Wildほどバイキング色は強くなく、どことなく北欧色も顔を覗かせる個性的なサウンドです。

ライブでは大合唱の映像を見ると早く来日して欲しいものですね!
ライブがホント、楽しそう!

いや~、とにかくカッコいいの一言!

慟哭度 / 8
クサメロ度 / 9
泣きの一曲 / Ravenhead


YouTube

写真

慟哭の真骨頂

心機一転の一発目は今、私が最も愛して止まないバンド、Insomnium。



Insomnium / Across The Dark

フィンランドのバンドです。

初期の作品は完全にSentencedを意識したサウンドでしたがアルバムを出す毎に、独自の美しさ、慟哭を追求したサウンドを確立してきました。そしてこのアルバムでそれは唯一無二のものになりました。

基本的にはメロデスによく見られる泣きのギターメロディーを軸にしたサウンドですが、このバンドは曲のスピードやクサさに囚われず、ギターのハモリではスピードを落とし、単音リフではスピードを上げるといった手法を多用することで曲の美しさ、慟哭を表現しています。

その表現力たるや他に類を見ない素晴らしさです。

ここまで曲の美しさ、慟哭を極限まで高めたバンドはいないでしょう。

アルバムジャケットもこれまた美しい。

マジで泣けます!胸が苦しくなります。

本当に美しい・・・。その一言です。

慟哭度 / 10(アルバムジャケットを見ながら聴くと慟哭度倍増)

クサメロ度 / 10

慟哭の一曲 / Down With The Sun


YouTobe

写真

ブログ復活!

長らく更新をお休みしていましたが、また落ち着いて来たのでのんびり更新を再開したいと思います。
心機一転ということでブログ名と管理人名を変更してみました。
頻繁な更新とはいきませんがまた、宜しくお願い致します。

プロフィール

慟哭館の主

Author:慟哭館の主

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。