慟哭の館

ログ:2015年03月

写真

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
写真

デンマークにもいるんです!



Illnath / Cast Into Fields Evil Pleasure

デンマークのバンドです。

初期はメロブラ、シンフォブラ的な音楽性でしたが中期ぐらいからメロデスへと変化してます。

サウンドはキラキラキーボードにキャッチーなギターを軸に北欧的な叙情性を兼ね備えた音楽です。

メロデス最盛期とは一味違うサウンドは非常に聴きやすく、デスが苦手な人にもおすすめです。

慟哭度 / 8

クサメロ度 / 8

泣きの一曲 / Bring Down the Witching Hour


YouTube

スポンサーサイト
写真

美しい...



Dark The Suns / All Ends in Silence

フィンランドのバンドです。

SentencedやInsomnium直系の超慟哭系メロデス。

キーボードを軸に曲によってはバイオリンや女性ボーカルを使用して美しさに磨きをかけています。

ゆったりとした曲調のためか、ちょっとゴシックぽい所もありますがそこがまた美しい。

ネット上では「ポストSentenced」と言われてますが納得!

がしかし、解散してしまいました(泣)

素晴らしいバンドって解散早いような気が・・・。

慟哭度 / 10

クサメロ度 / 7

泣きの一曲 / The Dead End


YouTube

写真

解散が惜しい



Imperanon / Stained

フィンランドのバンドです。

慟哭系メロデスとはちょっと趣の違うサウンドで、泣きよりキャッチーさに重点が置かれています。

デス声じゃなければ普通の正統派パワーメタル。

現在は活動していないようですね。

Scar SymmetryやSoilworkに似たキャッチーな楽曲の中にも決してツインギターによる北欧ならではの叙情性を忘れない姿勢が素晴らしい。

慟哭度 / 8

クサメロ度 / 10

泣きの一曲 / The End


YouTube

写真

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

ついについについにー!
5月GW明けにInsomniumの来日が決定しました!!!!!

詳細は週明けですが、たぶん、いや間違いなく5月11日のThe Hauntedの前後じゃないかと。

実際、今、The Hauntedとツアーやってるし。

どうも日本では別々にやりそうな感じです!

うん!その方がいい!

私はThe Hauntedも行きますが、やはり別々に長い時間やって欲しい!

生で「Down With The Sun」が聴きたい!!!!!

写真

スウェーデンのインソム



Soulfallen / The Promise Of Hell

スウェーデンのバンドです。

アルバムのジャケからしてもろInsomnium系を想像しますが実際、まんまです!(笑)

スローテンポで進行するゴシック系の曲構成からInsomniumの「Down With The Sun」を彷彿させるサウンドを得意としています。
まあ俗に言うメランコリック・メロデス。

曲によっては女性ボーカルもあり、キラキラあり、疾走ありとバラエティーにも富んでいます。

しかし、この手のバンドは本当に泣けますね。
美しい...。

慟哭度 / 10

クサメロ度 / 7

泣きの一曲 / Scars Aligned


YouTube

写真

哀しい・・・



Dark Lunacy / Forget Me Not

イタリアのバンドです。

北欧色の強い慟哭サウンドに、さらにバイオリン、女性ボーカルの奏でる物悲しい叙情的なメロディーを加えたどこまで美しいメロデスです。

グロウルは低音を軸にしたInsomniumのような迫力のある声質で美しいサウンドとのバランスが素晴らしいです。

Insomniumをもっと柔らかく、透明度を高くしたようなサウンドです。

慟哭度 / 10

クサメロ度 / 7

泣きの一曲 / Fragile Caress


YouTube

写真

メンバーが凄いっ!



ShadowQuest / Armoured Ⅵ Pain

スウェーデンとフィンランドの混合バンドです。

このバンド、メンバーが凄いんです!
以下がそのメンバー。

Patrik Johansson (ボーカル): Dawn of Silence, Bloodbound

Peter Huss (ギター): Shining, Sinergy

Ragnar Widerberg (ギター): Witherscape, Saint Deamon

Kaspar Dahlqvist (キーボード): Dionysus, Nation, Ride the Sky

Jari Kainulainen (ベース): Masterplan, Stratovarius, Devil’s Train

Ronny Milianowicz (ドラム): Sinergy, Dionysus, Saint Deamon

ね?凄いでしょ!

だから曲も素晴らしい事!

それぞれがいるバンドのイイトコ取り。

是非ともこのまま続けて欲しい!
んで、来日して欲しい!

慟哭度 / 5

クサメロ度 / 9

泣きの一曲 / Reach Beyond The Dream


YouTube

もう1曲 / Live Again
まんまStratovarius(笑)

YouTube

写真

残念…



Before The Dawn / Deadlight

フィンランドのバンドです。

慟哭系メロデスを検索すると必ずと言っていいぐらい出てくるのがこのバンド。

よくInsomniumと比較されますが基本的には似てます。が、こちらの方がヘヴィで刻み中心かな。

もちろん美しいメロディーはがっつり詰まってます。

曲が結構似通っているものが多いですが、美しいメロディーに浸りつつ、思いっきり頭を振りたい方にオススメです!

残念ながら2013年に解散してしまいました…(泣)

慟哭度 / 8

クサメロ度 / 8

泣きの一曲 / Wrath


YouTube

写真

アメリカ版Arch Enemy



The Absence / Enemy Unbound

アメリカのバンドです。

初めてこのバンドを聴いた時にまず、頭に浮かんだのは「Carcass」と「Arch Enemy」でした。

リフ、メロディー、トーン、どれをとっても完全にアモットを意識してるとしか思えない(笑)

でもでも、曲はどれも本当にカッコイイ!!

海外では結構人気があるようで、大きいフェスにもよく出演してます。
来日もしてるんで日本でも人気があるのかな?

とにかく、ごまかしの無い、男らしい直球のメロデスです!

慟哭度 / 7

クサメロ度 / 8

泣きの一曲 / Enemy Unbound


YouTube

写真

さすが大御所!



Dark Tranquillity / Fiction

スウェーデンのバンドです。

いや~、いいですね~。

さすがメロデス界を引っ張っている大御所だけあってこの安定感は素晴らしい!

正確なテクニックに裏打ちされた北欧の叙情的メロディーセンスは世界中のバンドに影響を与えています。

北欧の暗く、冷たく、そして美しいメロディーが怒涛のごとく押し寄せる楽曲群にはただただ感動するばかりです。

慟哭度 / 10

クサメロ度 / 8

泣きの一曲 / Misery's Crown


YouTube

写真

Insomniumの弟分?



Burden Of Life / In The Wake Of My Demise

ドイツのバンドです。

Insomniumを爽やかにしたようなサウンドで、時折入るピアノが爽やかさに美しさを加えています。

中音域を多用するデス声がChildren Of Bodomを感じさせますが、COBのようなテクニカルさというよりはギターメロディーに重心が置かれています。

最初聴いた時は北欧のバンドかと思いました。

ドイツにも彼等のような慟哭度の高いバンドがいるんですね。
嬉しい限りです。

いや~、最近ホントに慟哭メロデスにどっぷり浸かってます(笑)

慟哭度 / 9

クサメロ度 / 9

泣きの一曲 / Behold A Burning Soul


YouTube

写真

世界一のクサメタル!



Dardian / Human Reset

イタリアのバンドです。

「このバンドはどんなバンド?」と聞かれたら迷わず「世界一クサいバンド!」と答えるでしょう(笑)
と言うよりそれしか言葉がない!

普通ならメロディーセンスが良くても犯罪にはなりません!
しかしながら、このバンドのクサさは完全に犯罪です!
洗脳力抜群!!!

このバンドのメロディーってやたら日本のポップスっぽいんですよね。

あの日本狂のマーティー・フリードマンが作るメロディーより日本です!

これを聴いて悶絶死して下さい!(笑)

慟哭度 / 5

クサメロ度 / 10+α

泣きの一曲 / In Everything


YouTube

写真

今日は・・・

六本木EXシアターでJudas Priestのライブです!
生Priestを見るのはラウパ以来!

今から超楽しみだーーー!!!

写真

かっけぇー!!!Part2



Insomnium / Above The Weeping World

またまたフィンランドのバンドです。

世界一美しいメロデスと断言してもいいでしょう!

この頃はまだ今ほど慟哭度は高くないですが、その分、リフやメロディーに尋常ならぬカッコ良さがあります。

速い曲も多く、まだまだSentencedから卒業しきれてない感がありますね。

しかし、いちいちカッコイイ!!

慟哭度 / 8

クサメロ度 / 10

泣きの一曲 / The Killjoy


YouTube

写真

フィンランド恐るべし!



The Wake / Ode To My Misery

フィンランドのバンドです。

やっぱりフィンランドのバンドはクサ過ぎる!
リフからしてヤバい!

フィンランド人って何でこんなメロディーセンス持ってるんだろう・・・。

って皆さん思いません?
思いますよね!?

まんまInsomnium!って話なんですが、でもでも素晴らしいバンドです!

解散してしまったSentencedの後釜としてのプレッシャーをものの見事に弾き飛ばしたInsomniumの後釜と言っても過言じゃありません!

とにかく美しくカッコイイ!!!

慟哭度 / 8

クサメロ度 / 9

泣きの一曲 / Failed Generation


YouTube

写真

到着!

今回、初購入したEquilibriumとInsomniumのTシャツが無事に到着しました!

Equilibriumは昨年リリースされたアルバム「Erdentempel」とワールドツアーのTシャツです。









いや~カッコイイ!!!
来月のライブに着て行きますよ!

Insomniumは音楽性同様、慟哭度の高い美しいTシャツです!



いや~美しい!!!

今週のプリーストのライブに着て行きますよ!

写真

かっけぇー!!!



In The Halls Of Awaiting

フィンランドのバンドです。

世界屈指の慟哭メロデスバンド。

非常にSentencedに近いサウンドです。
慟哭度よりはクサメロ度が高く音質がイマイチなのがちと残念。

しか~し!
リフのカッコ良さはずば抜けていて低音系のデス声がそのカッコ良さを引き立てています。

ジャケもやっぱり美しい!

1stから聴いていくと慟哭度がどんどん高くなっていくのが良く分かりますね。

慟哭度 / 9

クサメロ度 / 10

泣きの一曲 / Journey Unknown


YouTube

写真

クサかわいい



Varg / Guten Tag

ドイツのバンドです。

初期の頃は慟哭ブラックのようなサウンドでしたがアルバムを出すごとにクサメロ度が上がり、このアルバムでは完全なクサメロバイキングになってます。

このバンドの特徴はリフが非常にキャッチャーなこと。
曲がコンパクトなこと。
笑っちゃうぐらい。

でもそこがジャーマンの良いところでもあるんですが。

素直にカッコイイです!

ちなみに泣きの一曲で紹介する曲にはKorpiklaaniのJonneが参加しています。

慟哭度 / 7

クサメロ度 / 9

泣きの一曲 / A Thousand Eyes


YouTube

プロフィール

慟哭館の主

Author:慟哭館の主

最新記事

最新コメント

リンク

カテゴリ

月別アーカイブ

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。